一瞬で湯冷ましをする方法(玉露・水出しでオススメ)

玉露の入れ方

お茶を入れるとき少しぬるめのお湯を使うことで、お茶の渋みが出るのを抑えて旨味成分を中心に味わうことができます。

上級玉露で湯冷ましをすべき理由

上級の玉露には、非常に多くの旨味成分が含まれています。この旨みを存分に味わうには、旨味成分だけが溶け出す水温でお茶を淹れる必要があります。それは、およそ50~60度の水温です。

しかし、ポットで沸かしたお湯をそのくらいまで冷ますには、結構時間がかかってしまいます。そこで、私がおすすめするのは、氷を使ってしまう方法です。

茶葉の上に氷を一つおく

茶葉を10gほど入れた後、その上に氷をのせます。そして、その上から沸騰したお湯をゆっくりかけます。すると、お湯が茶葉にかかるころには、既に60度くらいまで急速に温度が下がっています。

氷の大きさとお湯の量によって変わりますが、標準的な量(湯呑三杯分程度)に対して、家庭用冷蔵庫で作られる氷一つを入れれば、だいたい50度くらいまで温度が下がります。

こうすることで、湯冷ましがめんどくさい、と思っている方でも、すぐに美味しい玉露を召し上がっていただくことができます。

玉露の入れ方

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.