開封後の茶葉(緑茶/日本茶)の保存方法[保存版]

こんにちは、七代目木谷です。
今日は、お客様からよくある質問で、茶葉の品質を維持する保存方法をご紹介します。

ガチガチの保存方法から、ゆるめの保存方法まで何パターンかを書いていこうと思いますが、
まず、細かい話の前に、開封前の話です。

開封前の茶葉は保存がきく

開封前であれば、涼しい場所において頂ければ、品質劣化のスピードはすごくゆっくりになります。当社では、賞味期限は約10ヶ月としています。

開封前の注意点は、夏場、部屋の暑くなる場所には置かないことです。
熱も劣化要因の1つとなります。冷暗所(食品棚など)や、冷蔵庫の野菜室などが理想です。

さて、問題は開封後です。定形どおりに言ってしまえば、「茶葉は食品ですので、開封後は速やかにお召し上がりください」となります。

一度、開封すれば、どうがんばっても劣化スピードが早まります。特にジメジメした場所で開けっ放しにすれば、茶葉はすぐにダメになります。

茶葉が劣化する主な原因は、「酸素」と「湿気」

多くの食品がそうですが、茶葉も酸素にさらされれば、酸化して劣化します。また、茶葉は乾物ですので湿気を含むと一気に劣化します。
梅雨時期などは、湿気が多いのでとても痛みやすいといえます。前述の通り、高温も劣化要因となります。

つまり、酸素・高温・多湿を避けることが保存の原則となります。
そのあたりを考えて、私がおすすめする最適な開封後の保存ルールは次の通りです。

これを前提に、お茶の消費スタイルにあわせた保存方法のご提案が以下です。

開封後の保存方法

保存方法にはいくつかの方法があります。
まずは、どんな方法で保存するにしても共通のルールのご紹介です。

まず、次の2つは絶対のルールです。

共通ルール
– 袋を開けたらすぐ締める。
– 袋を締めるときは、なるべく空気を抜いてきっちり密封する。

要は、なるべく空気にさらさないことがポイントです。空気には、劣化の要因となる酸素や湿気が含まれています。

次は、保存場所です。これが曲者です。

温度が低い方が(冷凍庫の方が)劣化は防げますが、外気との気温差が高くなるほど、開けた時に結露して茶葉が湿ってしまうリスクがあがります。
それをどう対処するか、というのがポイントです。

まずは、最もユルめの保存方法、そもそも結露させない「常温保存」からです。

品質保存レベル1 〜常温保存〜
– 冷暗所(涼しくて、乾燥した場所)におく。食器棚などの外気の上昇に影響されない場所がベターです。

【対象者の目安】・・・1袋飲みきるのに2〜3週間以内

お茶を飲むペースが早い方や、涼しい季節はこれで十分です。
ただ、高いレベルで品質保存ができるわけじゃないので、開封後はなるべく早めにむことが前提です。

品質保存レベル2 〜冷蔵庫の中〜

– 1週間分程度の使う分だけ、茶筒などの密封性の高い容器にいれて、小出しに使う。
– 使わない分は、空気を抜いてきっちり袋を締めて冷蔵庫にいれる。
– 冷蔵庫から出したお茶を開ける時はすぐに開けずに5〜10分以上は外気にさらして、常温に近づけてから開けることで、結露を防ぐ。

【対象者の目安】・・・1袋飲みきるのに2ヶ月以内

だいたい、当社のお客様でも、2〜3種類のお茶を注文頂くことが多いです。おそらく、同時に開封して、ちょっとずつ飲む、というスタイルだと思います。
その場合は、この冷蔵庫保存がよいかなと思います。

(茶筒がない場合は、冷蔵庫から出した茶袋を常温に近づけてから随時あけてください。開ける前に10分くらいは常温にさらして袋の中身と、外気温の差を近づけてください。)

品質保存レベル3 〜冷凍庫の中〜
【対象者の目安】・・・1袋飲みきるのに3ヶ月くらいかかる、それを高いレベルで品質保持したい

基本的には冷蔵庫保存の扱い方と同じです。ただし、常温になるまで時間がかかります。 外気温によりますが、30分〜1時間ほど外に出して、袋の温度をあけた方がよいと思います。冷蔵庫と違って、温度がすごく低くなるので、すぐに袋を開けてしまうとものすごく結露します。特に梅雨や夏場はご注意ください。めちゃくちゃ湿気ます。冷凍庫にいれたら、袋はすぐ開けるな、とおぼえてください。

どの保存方法を選ぶべき?

保存性が高い冷凍庫となると、常温に戻すのに時間がかかるのでやや面倒になります。こういう本格的な保存方法を好まれるのは、来客の時だけに使う上級の茶葉をちょっとずつ使いたい方や、お茶会用のお抹茶を保存される方です。

毎日の習慣的にお茶を飲まれる方は、常温保存で十分かなと思います。ただ、いろんな種類の茶葉をちょっとずつ飲まれる方は、冷蔵庫がよいかなと思います。

ちなみに、私個人は何十種類もの茶葉を毎日ちょっとずつ飲むスタイルです。はい、お茶マニアです。。。
私の場合は、ダンボールケースに仕分けして入れているので、自宅の冷蔵庫には入らないので、納戸に常温保存です。さすがに飲みきれない・・・となった茶葉については、フライパンで焙じて自家製ほうじ茶にしたり、レンジで簡易的に焙煎をしたり、粉末にしたりして消費してます。

その他の小技

開封した日を袋にメモする

お茶のような乾燥物の袋に書いてある賞味期限は、一度開けてしまったら意味をなしません。
ですので、キッチンには油性マジックを常備して、開封日を袋に書くことをオススメします。

おすすめグッズ

お茶だけではなく、食品保存全般に使えるグッズです。お茶の保存時にも必須かなと思います。

袋止めクリップ

チャック付きでない茶袋の場合は必須ですね。Amazonのリンクを貼ってますが、購入は100均で十分です!

茶筒

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

純銅製茶筒(中蓋・化粧箱付き)【送料無料】
価格:12960円(税込、送料無料) (2017/6/8時点)

あえて、密封性が高くて高級感のある茶筒を貼っておきます。これはものすごく高級感、特別感があって、密封性が高い商品ですので、一生モノになるような商品です。500円くらいの茶筒でも十分です。ただ、あまり安物だと密封性がないものがありますので、要注意です。

食品用除湿剤

茶袋の中に入れておくと、食品が湿気るのを防げます。お茶以外の商品、例えばクッキーとかスナック菓子とかかつお節にも使えます。一家に一袋はあった方がよい、と思います。これは100均にはないので、Amazonか業務スーパーなんかで購入がオススメです。

脱酸素剤

これも強烈に劣化を防ぎます。ただ、空気に触れると酸素を吸い出すので、脱酸素剤の保管の際にも、なるべく空気にふれさせないように注意してください。

ちなみに、除湿剤か脱酸素剤か、どちらか1つ選べ、と言われれば、個人的には除湿剤です。湿気て味がダメになることの方が多いように思います。

以上、茶葉の保存方法でした。

結局、本人が常温保存ってどういうことやねん、というツッコミを頂きましたが、上等なお茶は冷蔵庫に入れてますよ!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.